いくら食べ過ぎても太らない方法!

太らない身体

ダイエットは我らにおいて永遠のテーマだ。日本人の食生活の欧米化や不規則な食生活、これが肥満の原因です。ふさわしい食べ方を理解すれば太らないのです。

食べてもかりに食べ過ぎても太らない方法を実践してみてはいかがでしょうか?

食べても太らない痩せこけるホルモンGLP-1

痩せこけるホルモンはGLP-1と呼ばれるホルモンで、こういうGLP-1を手広く保持している人は痩せ易く食べても太らないのですが、逆にGLP-1が少ない人は太りやすいといわれています。

つまり、体内のGLP-1の量で痩せやすいのか、それとも太りやすいのかが決まってくるんですね。

GLP-1は「グルカゴン様ペプチド-1」の略で、次のような

・食事をするといった分泌される

・満腹中枢を刺激する

・糖の吸収を引き下げる

・インスリンを分泌しやすくする

・分泌量の個人差がある

などの特徴があります。

食事をするってGLP-1が分泌されるわけですから、分泌量が多ければ敢然と満腹中枢を刺激しるので、食べ過ぎることがなくなります。

また、糖の吸収を抑えてインスリンを分泌しやすくすれば、食事で血中に増えた糖を敢然とエネルギーに変換してもらえる。

糖の代謝が追いつかなくなると、余った糖は脂肪として蓄積されるのですが、GLP-1の効果で糖の代謝が望ましくなれば、血中に余分な糖もなくなって脂肪が重なることもありません。

ただし、GLP-1には分泌量に個人差があるから、先程のように太りやすい人や太りにくい人が出てくるんですね。

食べてもどんなに食べ過ぎても太らない方法

 

1、痩せこけるホルモン「GLP-1」を繰り返す食材を取る。

 

血糖値が急激に挙がる食べ物は、一時的に満腹度は高くなりますが、腹持ちという観点で言えばマイナスになります。

消化が手っ取り早いため、時間が経つとお腹が空くこととなるため間食の原因となることもあるでしょう。

では、ここで痩せこけるホルモン「GLP-1」を繰り返す方法をご紹介します。

ぐっすりGLP-1を増やして、憧れの食べても太らない体を手に入れましょう。

乳酸菌を繰り返す

腸内環境さえ整えば、GLP-1が多く分泌されるようになります。

腸内環境を整える方法といったら、やっぱり腸内の乳酸菌を繰り返す方法ですよね。

乳酸菌を繰り返すには、乳酸菌をその物を加えることは当然、食物繊維とオリゴを積極的に服する必要があります。

乳酸菌が取れる食べ物といえば

・ヨーグルト
・キムチ
・漬物

オリゴが取れる食べ物といえば

無題790

・タマネギ
・ネギ
・キャベツ
・ゴボウ
・アスパラガス

などが挙げられます。

また、キャベツやゴボウなどには食物繊維もたくさん含まれていますので、オリゴと共に摂れますよね。

EPAを数多く食する

無題906

EPAはエイコサペンタエン酸の略。青魚に手広く含まれていて、EPAを数多く摂るとGLP-1が多く分泌されることが研究で分かっているそうです。

EPAを多く含む青魚は

・サバ
・イワシ
・アジ
・サンマ

などがあります。

とくにサバはEPAが多く、サバを食べれればGLP-1の分泌量が多くなって、痩せ体質になるといわれています。

山形県村山地区ではサバの水煮を可愛らしく取る習慣があって、とくにサバの水煮を食べる方のほとんどが血液中のGLP-1が多くて痩せているんだとか。

なので、サバ缶などでサバを食べる習慣を身につければ、だんだんと自分の理想の体に近づいていきますね。